夏期講習の効果を最大限UPさせる3つのポイント

 

進学塾アドバンスでは7月23日より夏期講習が開始となっています。

 

今回は、アドバンスのウエノが

 

夏期講習の効果を100%、いや、200%UPさせるためのコツを解説します。

 

夏期講習からアドバンスに通われる生徒さんも多いので、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

 

夏期講習の効果を最大限UPさせる3つのポイント

 

ポイント①:宿題は丁寧にこなす
ポイント②:予習・復習は早めに行う
ポイント③:自習室を利用する

 

 

1、宿題は丁寧にこなす

 

夏期講習中は、普段の授業よりも次の授業までの間隔が短くなる場合があります。

 

そうなると、塾に来る1時間前に慌てて宿題を始める、なんて子も…

 

しかし最初に言っておきます。

 

1時間じゃ間に合わないから!!

 

 

簡単なすぐ終わる宿題がちょろっと出るだけ、なんてことはありません。
(特に中学生)

 

本人が余裕で分かるようなことは、基本的には宿題に出しません。

今の段階で全然出来ないような難解な問題を宿題に出すこともありません。

 

進学塾アドバンスでは、

一人一人の生徒に合ったレベルの宿題を、その生徒がレベルアップするのに必要な分、出しています。

 

せっかく夏期講習に来たのに意味なかった、成績が全く上がらなかった。

なんてことになったら時間もお金ももったいないですからね。

 

そうならないためにも、
まずは出された宿題にじっくり時間をかけて取り組んでみて下さい

 

宿題の量を増やして、減らして等の要望はいつでもおっしゃってくださいね。

 

 

2、予習・復習は早めに行う

 

1つめの「宿題を丁寧にこなす」が出来たら、
次は予習・復習にも取り組んでみましょう。

 

 

復習のしかた

アドバンスでは、授業中に間違えた問題には青マルを付けます。

この青マルがついたところの解きなおしや見直しをするだけで、
グッと授業の理解度が深まりますよ。

サッと見直して「この問題はなんで間違えたんだっけな…」と考えるのが大事です。

宿題をする前に復習をするのがおすすめです。

 

予習のしかた

 

余裕がある時は予習にもチャレンジしましょう。

 

…というと、なんだかハードルが高く聞こえますが、

授業で次にやるページをパラパラっと見て例題を解いてみるだけでじゅうぶん。

もちろん宿題の範囲を超えて、出来そうな問題をやってきてもいいんですよ。

「なんで宿題じゃないところやってきたのっ!」なんて怒ることはしませんから。

むしろめちゃくちゃ褒めます。

そして、予習をしてきた子のほとんどは成績がものすごく上がります

 

 

3、自習室を利用する

 

生徒さんからは

「家にいるとなんだかリラックスしちゃう…」
「弟や妹がいて勉強出来ない…」
「やる気が出たらやろうと思ってた(ら、出なかった)」
「気が付いたら寝てた」

 

ご父兄からは

「子どもが全然勉強しなくて心配(イライラ)します」
「部屋にこもっていて何をしているか分からない」
「ゲームやスマホばかりしている」
「いつみても寝てる」

 

こんな相談をよく受けます。

 

家で集中しづらい場合は、いつでもアドバンスに自習に来てくださいね。

授業がない日でも、いつ来ていつ帰ってもOK。

お弁当やお菓子、飲み物等も持ってきて大丈夫です。

学校の宿題をしてもいいですよ。

 

アドバンスでの自習中、寝ていたら講師が起こしますし、ぐうたらしていても声を掛けます。

他の生徒さんの迷惑となるような場合はお帰りいただくこともありますのでご了承ください。

 

補助プリントの用意もありますので、何をしたらよいか分からない場合はご相談ください。

 

 

 

夏期講習に関してはこちら

 

お問い合わせはこちら

最新情報をチェックしよう!